10年乗った愛車が廃車に…すると妻が「これで」とヘソクリと一緒に出してきた誓約書が素敵!

よう 2021/11/22 告発 コメント


10年乗ってきた愛車を手放すということは非常に心が痛みます。
本当に好きな人から見れば、愛車とは家族同然。
いかなる理由でもお別れは悲しいものです。

そんな愛車を手放すことになったTwitterユーザーのもひかん@mohikan1974さんの投稿が話題を集めています。

もひかんさんは新聞屋さんから譲ってもらったカブを少しずつカスタムしながら大切にしてきたそうです。
しかし、乗り始めて10年目、エンジンの焼きつきにより泣く泣く廃車にすることを決意したそうです。

多くのバイクに乗ってきたもひかんさんですが「こんなに名残惜しい事は無い」と綴るほど愛着が湧いていたのでしょう。

この投稿を見たユーザーからも、惜しむ気持ちがわかるとコメントが寄せられました。

そんなもひかんさんの気持ちを察した奥さん。
突然改まった顔で、もひかんさんの前に来て、このようにつぶやきました。

『我が家の全財産です。これで新しい単車を買って明日からも出勤して下さい』
なんとタンスの奥にしまってあった「全財産のへそくり」をもひかんさんに渡し、新しいバイクを買ってきてくださいと…!

そして、そのへそくりと一緒に、一枚の誓約書を出してきたそうです。

その内容はこちら。

この温かい誓約書に、「大切に乗りたい」と思う気持ちで拇印を押したそうです。

最後に綴られた「たまには後ろに乗せて」という一文には奥様の本音が詰まっているように思えます。

この夫婦の素敵になやりとりに、ユーザーからは賞賛の声が多数寄せられました。

·素敵過ぎて読んだら夜中の1時に鼻血出ましたわ。素晴らしい奥様の海より深い愛が伝わってきます。なかなか出来る事では無いので同じ妻として本当に尊敬します。 最後の一文が特に素敵...ラブラブツーリングしてきてくださいませ(*≧∀≦*)

·最後の一文が可愛くて愛があって良いなぁって思いました 素敵なご家族で羨ましいです(*´∀`*)

·最後の一文が可愛くて愛があって良いなぁって思いました(*´∀`*)

愛の溢れた素敵な夫婦のやりとりに心が温まりますね。

引用元:https://cadot.jp/topics/39500.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント